北浦和の個別塾をお探しでしたら【スリーエス‐スクール 北浦和教室】へお越しください!

はじめての中間テスト 対策は早めに

しゅんび小6生

中1生は、初めての中間テスト 準備しましょう!

小学生とちがうのは
定期テストがあることです。
それも中間テストは5教科を一度にです!

さあ、ゴールデンウィークのあとの
中間テストに向けてどう学習したらいいのでしょう?

 

定期テスト

 

 

 

 

 

 

 

はじめての中間テストは、
5月中旬から下旬です。
(学校によって日程がかわります)
まだ、まだ学習が始まったばかりですけど、
5教科(国語、数学、英語、理科、社会)の
テストを1日で行います。

だから、毎日コツコツと学習しておかないと
部活のないテストの準備期間で
あわてて学習することになります。
小学校のときよりも、たいへんですね。
また、中1生の学習は、先のことを考えると
高校入試にも出題されます。

範囲は、中1~中2の全範囲となっています。
だから、コツコツやっておくことが大切なんです。
もちろん、5教科ということになります。

英語・数学の範囲は、わかります

テストの範囲がわかってから学習するよりも
ある程度わかっていたらどうでしょう?
① 英語は、be動詞まで(肯定文、疑問文も)
・・・教科書でいうと1つの章や単元まで。
・・・授業が始まってからそんなには進みません。
・・・単語は、書けるようにしておきます。
・・・あいさつなどの会話文も覚えます。
★ 例年、出題される内容の傾向があります。
できたら、予習をして、
提出するワークもしっかり学習。

★ 繰り返しの学習は、予習・ワークと
テストの前の1週間で復習するのが
「 テスト対策です。」

② 数学は、正の数、負の数まで

(次の方程式は、期末テストです)

・・ 計算問題の範囲になります。
・・ひとつの単元は、正の数と負の数の計算まで
・・小学校の時の小数や分数の計算が苦手なら、
早めに復習が必要です。

・・計算の手順、きまりなどに注意しておけば、
予習できます。

★ 繰り返しの演習は、ワークを中心に学習する
わかったつもりではなく、
簡単だとえるくらいまでやってみる。
★ 予習と復習のテスト学習が、身につける為に
毎日の学習を最低30分やることです。
どうしでも、自宅でできなければ
・・・塾の自習室も考えてみる。

★ 中学生の学習はこちら ⇒ 中学生コース

 

国語、理科、社会の学習はあとまわしでいいの?

英語・数学の学習は、みなさん意識しています。
だけど、国語、理科、社会の学習だって、
とても大切ですね。
もし、公立高校をめざすというのであれば、
なおさらです。
受験勉強は、中3生の部活を引退してからかな・・
と、思っていては、ずっとやらないのが、
この3教科です。

でも、入試の範囲は、中1生からですから。

先ほどの北辰テストでも、第1回のテスト範囲は、
中1、中2の全範囲です。
だから、はじめての定期テストでも、
意識しておいてほしいですね。
行きたい高校は、部活動から、校風とか、
いろいろな理由があります。
どうにかして、行きたいと思っている
そんな生徒さんは、目標があるから、

5教科を入試対策としてバランスよく学習すれば、
必ずといっていいほど 中3生で、伸びます。

英語・数学の学習をしたあと、寝るまえの30分間に
理科・社会の教科書やワークで暗記してください。
テスト前は、出題範囲の対策の見直しができます。
直前に暗記をしても、すぐに忘れてしまうでしょう。

自宅でむずかしいなら・・・塾の自習室を考えてみる

★ 中学生の学習はこちら ⇒ 中学生コース

 

バランスよく学習することって、むずかしいけど、
早めに目標をもって取り組んで学習しておくと、
中3生になって蓄えになってます。

学習の目標がまだ決まってないなら、ご相談下さい。

① 予習と復習のしかた
② 1日の学習する内容
③ 志望校が公立高校で、偏差値についてなど
これらを、意識した学習をしては、どうでしょう。

はじめの中間テストで、流れをつかみましょう。
生徒さんが自分でできるなら、ご心配ありません。
なかなかやらない、部活がたいへんで、
お悩みのときには、ご相談ください。

★ 中学生の学習はこちら ⇒ 中学生コース
★ ご相談、体験のご予約はこちら ⇒ ご予約確認

 

「ご相談、体験はお電話ください。」
平日午後2時~9時

  ★℡ 048-764-8411★

関連記事

バナー1

アーカイブ